趣味の文具箱・47が万年筆インク特集なので読んでみた感想

趣味の文具箱47

こんにちは、白みやです。

万年筆のインク、興味はあるけど種類が山ほどあるし、メーカーもたくさんあるし、年々増えていくし、どうせ買うなら気に入ったものを吟味したい!万年筆との相性も知りたい!

……と思ってる方にオススメの本が出ておりますのでご紹介です。

インク沼を泳ぎ抜くためのガイドとして役立つこと間違いなしです。

実際私も毎回お世話になっております。

スポンサーリンク

趣味の文具箱47は万年筆のインク特集です

万年筆はじめ高級筆記具の情報がたくさん載っていて、気になる特集がある時など購入にするのですが、だいたい年に1度は万年筆インクの特集をやってくれます。
インク好きにはたまらない、インクカタログや色相環表、インクを使った実験記事など、興味深い特集がたくさんです。

スポンサーリンク

47号の特集はこんな感じ

趣味の文具箱47

例によってアマゾン等で中身が見れるページのみ掲載します。

田舎に住んでおり頻繁に大きな文具店に足を運べない立場としては、新作が出ていても気がつかないことが多いです。

そんな時こういう雑誌、あるいはwebで紹介してもらえるのはありがたいです。

今回も最新インクニュースのページから様々な情報を得ることができました。

エルバンに新色インク出るんですね!

買い足ししようと思っていた矢先なので朗報でした。

まだ通販サイトなどを探しても見つからないので発売日にはなっていないのかも。

Amazonか楽天あたりに入るまでしばらく待ちます。

スポンサーリンク

インクカタログ、横に伸びてる

趣味の文具箱47

インク特集の際には表紙の次のページに蛇腹式にインクカタログが綴じ込んであるのですが、今回それを広げてみて、

あれ?なんか長くない??

って思ったのですが、前回インク特集をした44号の時と比べると、1ページ分長くなってました。

確かに、44号だと602色47号だと747色の紹介になってます。

145色アップってすごいですね?! とても自分で買って網羅しきれる量ではないのでこうして雑誌で色見本を見れるだけでも嬉しいです。

個人的に楽しかった特集

時間変化で色が変わる「移ろい系インク」の特集があったのですが、それが楽しかったです。

私も以前、色変化が面白いよと紹介した色彩雫の松露が一番先に取り上げられていて嬉しかったりもしました。

松露の記事はこちら↓

PILOTの万年筆カクノ(M)のスケルトンに色彩雫の松露を入れたレビューです。コンバーターでインクを入れる手順、色見本、耐水実験、月夜との比較もしています。

あと、プラチナのクラシックインクの掲載もありました。このインクも色変化がみるみるうちに起こるので面白いです。

私の場合はカシスブラックを購入しましたが、本に載ってたのはシトラスブラック。

シトラスブラック次に買う候補だったので参考になりました。

Platinumから出ている古典インクのシリーズ、「クラシックインク」よりカシスブラックの紹介記事です。時間経過による色の変化や耐水性の実験をしています。

他にもインク帳の特集が面白かったです。

いろんな人のインク帳の書き方の工夫が見れてとても参考になりました。

ちなみに私もインク帳作ってます。

インク帳

>>キャンパスのクッパ<<

キャンパスノートが一番自分の中でベーシックなのでこれにしました。

サイズもコンパクトなA6なのでちょうどいいです。

中身はこんな感じで特に工夫もなく、入手したら随時書いていくという感じですね。

ペンはなるべく太さをそろえるようにガラスペンで書いてます。

インク帳

他にも店舗ごとの売れてるインクランキングも興味深かったですし、最近私も記事にしたばかりのローラーボールで万年筆インクを使う特集もありました!

↓エルバンのローラーボールの話

万年筆のカートリッジを使う事ができる、エルバンのローラーボールペンを紹介してます。同じエルバンの代表インクであるヴィオレパンセをイメージした限定色です。

おかげでまたインク購買欲が湧いてきたので、来年の手帳と合わせて手帳用のインクも揃えてみたいな〜とか思いました。

インク使った絵も書いてみたいです。

インク好きな方には楽しめる一冊だと思いますので、興味持った方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大→自動レスポンシブに変更
レクタングル大→自動レスポンシブに変更

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大→自動レスポンシブに変更