【色彩雫】渋くも華やかにも使える赤紫インク、山葡萄

色彩雫の山葡萄

こんにちは、白みやです。

今回は色彩雫から山葡萄を紹介します。

スポンサーリンク

山葡萄はどんな色?

色彩雫の山葡萄

私が所有しているのはミニボトルになります。

色彩雫の中には紫〜ピンク系統に属するインクが

  • 秋桜
  • 躑躅
  • 紫式部
  • 山葡萄

とあるのですが、この山葡萄はその名前の通りの葡萄色です。

赤ワインのようなボルドーよりはもっと紫みが強く、以前紹介したエルバンのヴィオレパンセよりは青みが少なく、同じくエルバンのムーンシャドウよりも彩度が高い、というインクなのですが、すごく絶妙な紫で、濃く描くと落ち着いた色をしているけれど濃淡の淡の方になるとかなりピンクです。

詳しい色味は後で見ますが、ざっくり手持ちの紫〜ピンクインクを比較するとこんな感じです。(ヴィオレパンセだけ現在インクが入っていないためここには無いのですが)

ピンク、紫系のインク

こうして比較で見ると結構落ち着いた色をしている山葡萄ですが、

色彩雫の山葡萄

このようにインクのフタを開けてみるとかなり色味の鮮やかな赤紫であることが分かります。

スポンサーリンク

カクノのスケルトンに入れてみる

カクノスケルトン

今回はこれをカクノスケルトンのFにコンバーターで入れます。色彩雫の山葡萄

コンバーターに入れた所です。首軸のあたりに見えるインクの色が綺麗です。

スケルトンに入れた時に生える色です。

色彩雫の山葡萄

背景が白い方が分かりやすいかも?

色彩雫の山葡萄をいれたカクノ

軸とキャップを嵌めました。

スポンサーリンク

インクの色どんな感じ?

色彩雫の山葡萄

いつも通りロディアに書いてみました。

インクをたっぷりつけた部分や線を重ねた部分はかなり濃い色になります。

(白色度が高く、吸水があまり良くない紙の場合もっと濃淡が出てピンクっぽさと沈んだ赤紫の差が分かりやすいです )

色彩雫の山葡萄の裏抜け

裏抜けの具合です。

インクをドバッとつけた部分はやや裏抜けしていますが、通常の使い方をしてる分には問題無さそうです。

極太ニブだと紙によっては危ないかもしれません。

色彩雫の山葡萄

文字部分を拡大してみました。

線で見る部分と面で見る部分とで色味の違いがあります。

面になると色の彩度が上がります。

色彩雫の山葡萄

正面から撮った所です。

下のマスは線を重ねて色を濃くした物と、色を塗り付けて濃くしたものです。

二度塗りだとかなり濃くなりますが一度塗りくらいだと鮮やかな赤紫の色味になります。

レッドフラッシュに注意

色彩雫の山葡萄のレッドフラッシュ

たっぷりインクを付けた場合レッドフラッシュが起こるのですが、おそらく今まで紹介したインクの中で一番目立ちます。

色彩雫の山葡萄のレッドフラッシュ

分かりやすい写真がこれ。

ふちの部分が金属的にピカピカしています。

太ニブでフローが良い万年筆を使う時にはもしかしたら起きるかもしれません。

今回使ったカクノのFくらいであればまず起きないので大丈夫です。

耐水性は?

今回も水をかけて耐水性を試してみました。

色彩雫は「おっ、以外と水に耐えた!」って時と「全部消えた」って時があるのですが、山葡萄はどうでしょう。

色彩雫の山葡萄の耐水性

書いてから数十分後に水をかけてみました。

勢いよく滲んでいきます。

溶けた色はかなり彩度の高いフューシャピンクのような色です。

色彩雫の山葡萄の耐水性

かけた水を広げてみましたが、水の流れに合わせてインクもどんどん広がっていきました。

これはヤバそう、全部消えるんじゃないか……と思っていましたが、 色彩雫の山葡萄の耐水性

 そんなことはなかった。

鮮やかな発色を担当している成分は流れるっぽいですが、黒っぽい線は残りました。

書いて数十分後という短い時間でこれだけ残ったので、時間が経過していればもう少しマシかも?

ただ、読めなくは無いという程度ですし周囲に色がフチて広がるので注意してください。

大事な書類や原稿、手紙の場合は梱包に注意ですし、雨が降ったらダイレクトに水が当たるハガキなどはやめておいた方がいいかも

絵を描いた場合

色彩雫の山葡萄

同じくロディアに絵を描いてみました。

線画の場合やはり色は沈んだ感じになります。

沈んだというか、葡萄的に言うなら熟成した、という方が表現として良さそうです。

色彩雫の山葡萄

線の部分を拡大するとこういう感じです。

筆で塗ったらかなり印象が変わりそう。耐水実験の様子を見ると、水で薄めたらかなりピンクっぽい発色になるのでは?

まとめ

色彩雫の山葡萄

文句なしに綺麗な色なので使っているとテンションが上がります。

なるべく色味が揃うように写真の色味を調節しましたが、実物はもう一回り彩度が高く濁りが無いです。

また、以前紹介したエルバンのムーンシャドウよりもう少し赤いです。

深海や松露のように描きたての時と乾いた時との色変化はあまり感じず、見たままの素直な発色という印象でした。

BBや黒に補足として使うには色が濃いめなので、地の文に使う方が向いてると思います。

たまには違う色で書いてみたい時になどおすすめです!

スポンサーリンク
レクタングル大→自動レスポンシブに変更
レクタングル大→自動レスポンシブに変更

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大→自動レスポンシブに変更