【MARK’S】週間スケジュールノート、Hibi【手帳】

マークスのHiBi

こんにちは、白みやです。

2019年の手帳探しの過程で、そういやこんな便利アイテムもあるんだった!と思い出したので紹介したいと思います。

手帳というよりは日付書き込み式のノートではあるのですが、フォーマットは手帳に近いので、いざとなったらこういう選択肢もあるぞという参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

マークスの週間スケジュールノート、HiBi

マークスのHiBi

私も長らくお世話になっているEDiTでおなじみのMRAK’S(マークス)から出てる、

ノート・ウィークリー/HiBI

というアイテムです。

カラー展開はブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、イエローと5色あり、私はグリーンとブルーを購入しました。(画像のものはグリーン)

マークスのHiBi

商品説明のシールです。

マークスのHiBi

  • リング閉じ、縦置き仕様
  • サイズはH118×W210×D10mmと横長
  • 三つ分のチェックボックスあり
  • 1ページは月曜始まりの1週間分
  • 日付フリー

上部の開きスペースに週の目標などを入れるといいかもです。

また、下部にもメモスペースがあるので反省や気づきを書き込めます。

チェックボックスを自分で増やしてタスク管理に当ててもいいし、ガントチャート的な使い方もできます。

マークスのHiBi

日付は書き込み式なので、自分の好きなタイミングで使う事ができます。

手帳はマンスリーだけ、という人にはサブアイテムとして活躍しそうです。

マークスのHiBi

両面印刷で、フォーマットは裏も表も同じ。1冊でもかなりの期間使えます。

マークスのHiBi

自立します。

手帳にも自立するタイプのものがありますし、スタンドを使って立てておく人もいますが、そのような「スケジュールを常に視界に入れておきたい」方にもおすすめ。

スタンドを使って立てるよりは省スペースかつ手軽です。

やったら完了で他と関連がないという細かいタスクの管理にも良さそう。

プロジェクト管理など他との関連性の強いタスクだと、ここだけでは管理しきれないかもしれない。

スポンサーリンク

紙質と筆記具との相性

マークスのHiBi

ちょっと気になる所といえば紙質がだいぶ薄めで荒いという所です。

触ってみると解るのですが、いかにもインクが裏写りしそうな感じの紙です。

手持ちのペンでためしてみました。

マークスのHiBi

裏から見るとこのようにボツボツと裏抜けします。

ゲルインクボールペンであるシグノのRTやユニボールエアでも場所によって抜けるので、シャープペンや油性ボールペンの方がいいかもしれないです。

それかいっそ片面だけ使うとか。

スポンサーリンク

貴重なスタンド式のウィークリー

これを購入したのは2016年の秋だったのですが、その当時私は「1週間を見渡せるスタンド式の手帳が欲しい」と思ってました。

マンスリータイプだと自立する手帳やカレンダーは珍しくないのですが、週間タイプだと探してもほんとに見つからなくて、無印の週間ふせんで代用したりもしてました(これはすぐ剥がれてきてダメだった)。

今でもそんなに見かけないですよね。

そんな時にこれをAmazonで見かけ、手帳とは言い切れないけど、これでも行けそうだなと思い、購入しました。

あと、他に用意してた手帳がもし使いにくかった場合、最低限これがあればどうにかなるのでは?という滑り止めのような気持ちもありました。

実際に一時期これでスケジュール管理をやっていたのですが、書き込みスペースも十分足りましたし、使い方もフォーマットもシンプルで使いやすかったです。

日付書き込み式なので使用期限が無いというのもプレッシャーが無くて気楽です。すぐに出番がなくても大丈夫。

販売開始が2016年ですが、今でもまだ入手できそうです。

Amazonからだとこちら。

マークス公式サイトのほうだと全色在庫少なめになってました。

追加生産があるのかも解らないので気になった方は早めのチェックをお勧めします!

スポンサーリンク
レクタングル大→自動レスポンシブに変更
レクタングル大→自動レスポンシブに変更

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大→自動レスポンシブに変更